【これまでの歩み】
          ■弊社は、国産初の園芸道具を製造した会社です。
          明治40年、刃物鍛冶であった先々代 柴田真左ェ門が、横浜の貿易
          商「現 横浜植木梶vの下請となり、その当時日本からの輸出量が最も
          多かったユリ球根の根を切る鋏を考案して、納入を始めました。その後、
          当時輸入に頼っていた園芸用具に日本の園芸愛好家の要望を取り入れ、
          初の国産品としての園芸用具の製造販売を始めました
          もともとは輸入品ばかりであった各種園芸用具なので、その名残りと
          して現在も「ホー(hoe・鍬)」「スペード(spade・鋤)」等の英語名詞
          をカタカナにした名称が多くなっています。もちろん、日本独自の名称
          を付けた道具もあり、例えば「移植鏝」は、先々代が左官鏝の職人に依
          頼して製造したもので、「スコップ」と呼ばずに「移植鏝」と命名しま
          した。これが現在使用されている園芸用具の原形となっています。

          ■大正3年、三越呉服店(現 (株)三越)に設置された園芸部の指定納入業
          者として園芸用具の製作・納入を開始。大正11年に開催された大正博覧会に
          は園芸用具を出品し、全品受賞しています。また、同店運動部の依頼に
          より、大正末期には国産初のフィギアスケートを製作し、昭和4年に秩
          父宮両殿下にスケートを、昭和9年には天皇陛下に園芸用具一式を献上
          しています。弊社の商標マークにスケートが使われているのはこの来歴に
          よります。

          ■戦後、沖縄より復員した現相談役 柴田一男が鍛冶屋を再開し、同時
          に三越との取引も再開しました。花を育てるより食べられる作物を作る
          ほうが優先された混乱期でしたので、一般農家用の農具を小型にした
          「家庭鍬」「園芸用シャベル」などの製造・販売が中心となりましたが、
          その一方で、進駐軍によってもたらされた芝生の管理機械としての「芝
          刈鋏」「芝刈機」の製造・販売も始まります。そしてバラを育てること
          の流行とともに、剪定鋏、植物の消毒や肥料管理などの分野へも事業を
          拡大していきます。

          ■昭和30年に、刃物製造部門をゴルフ部とし、汎用大型芝刈機の研磨、
          修理、改造等にも業務を広げ、昭和50年、柴田ゴルフ場機材として独
          立させました。

          ■高度成長期、需要の高まりと並行して、百貨店から大手スーパーへ、
          そしてDIY店へと園芸市場の裾野も広がり、各業界独自の園芸関係用
          品が盛んに流通するようになります。弊社も昭和46年に本駒込本社ビ
          ル、昭和56年に埼玉県西浦和(現さいたま市南区)に営業所と物流セン
          ターを設け、現在に至ります。

【これからの歩み】
         ■弊社はこれからも、日本で唯一の園芸用具から出発した会社、そして
         日本の園芸用具文化を作った会社としてのノウハウを生かして、植物と
         人と社会に『安全で安心して使える園芸用具』を提供してまいります。
         又、グループ会社である都市園芸研究所を中心に海外の特徴ある園芸
         用具の開発・輸入を進め、重ねてネット等の媒体を通じての市場動向の
         把握、さらに専門講師による園芸教室開催など、園芸に係わるすべての
         情報を提供できるよう、努力してまいります。
 
<何でも揃う園芸SHOP>
サンデーズガーデン